YOYOの勝手に書き書きブログ


by yoyoatc

カテゴリ:旅( 28 )

朝の散歩

田舎での朝の〆は「馬」。



鞍なしビーサンでそのまま乗りました。

今回は散歩のみでしたが
次回は広いところで
「暴れん坊将軍」張りに
思いっきり走りたいです!
f0091495_9165979.jpg


やっぱ、馬いいね。
[PR]
by yoyoatc | 2008-02-05 09:18 |

ASADOの翌朝

ASADOパーティーで
明け方まで食っちゃ飲んじゃの
大騒ぎでしたが、
翌朝、頑張って早起きしました。

さすがにキツかったですが、
都会育ちの僕にとっては
この田舎の朝は貴重な時間。
頑張って起きて、
朝のひとときを満喫しました。

まずは起きて、外でコーヒー。
f0091495_16594293.jpg
それから家の周りをブラブラ散策。
f0091495_1725131.jpg
f0091495_1733039.jpg
動物達にも挨拶。f0091495_1741736.jpg
f0091495_174423.jpg
野菜畑もあるのですが、
そこでトウガラシ発見。
こうなってるんですねぇ。
f0091495_177427.jpg

最後は家に戻って
犬と朝食しました。
f0091495_17113662.jpg
彼の名前はヌワンコ・カヌー。
彼が手の平サイズ時に
僕が人から譲り受け命名し育てました。

久々に親子水入らずで朝食しました。
[PR]
by yoyoatc | 2008-02-04 17:18 |

ASADO

本日、東京は大雪。

つい1週間ほど前は
真夏のチリにいたのに・・・。

チリでの最後の夜は、
田舎町でのBBQ(ASADO)パーティーに呼ばれ
車で2時間以上かけて
半ば強引に連れて行かれました。

着くと、近所の農家のおっちゃんまで集合。
たくさんのワインに羊が約一頭用意されてました。
f0091495_12445710.jpg
f0091495_12453150.jpg
f0091495_12462771.jpg

ここでの遊びは「ラユエラ」。
50cm四方の木枠に濡れた砂を入れ
中央にゴムひもを張ります。
そこへ5mほど離れたところから
大きな鉄のメダルを一人2つずつ投げて
そのゴムひもの近くに刺さった人がポイントゲット。
f0091495_12524473.jpg
これを電球一個持ってきて
飲んじゃ食っちゃしながら明け方まで続けます。

昼間は35度あったのに
夜はかなり冷え込みます。
乾燥しているからでしょうか。
この気候がおいしいワインを作るんですねぇ。

そのおいしいワインとお肉を
たくさんチョウダイいたしました。
f0091495_12573675.jpg

みんな、
グラシアスっす!
[PR]
by yoyoatc | 2008-02-03 12:59 |

お徳チケット

先日、仙台に行ってきました。
で、牛タン定食食ってきました。

と、ここまではいつものパターンなのですが、
今回は、ちょいと違う。

今回は仙台往復日帰りを仕事の関係で
2人で行ってきました。
実は、この「2人」と言うのがミソ。

JRさんでは、2人以上で仙台に旅をする場合
新幹線代を割引してくれるんです。
更に!老舗「伊達の牛たん」本店で
牛たん定食がタダ!
WOW!
f0091495_1830051.jpg
f0091495_182932100.jpg
新幹線代は普段、指定席(東京-仙台)往復で約¥21000。
このお徳チケットだと、なんと一人往復座席指定で¥13000!
安っ!

どうでしょうこのDeal。
泊まりの場合だと更に安くなるとか。

でもダマされちゃいけない。
日本は他の国と比べて
国内移動の料金が高過ぎ。
新幹線もマイレージ貯めさせてくれるか
もっともっと安くしてもらいたい!
飛行機の国内線もそう!
こんなDealじゃ満足しないぞ!

と強気の発言をしてみたものの、
やはりタダ飯、タダ酒には弱い。

JRさん、今度は塩釜、石巻、気仙沼あたりで獲れた魚の
おいしいお寿司チケット、ヨロシクで~す。
[PR]
by yoyoatc | 2007-12-03 18:35 |

DOG

東京で暮らしていて
犬との生活が恋しくなる時がある。

海外にいる時は
犬と生活していることが多かったが
今東京で犬を飼うと言う事は至難の業である。

その点、アメリカは広い。
犬ものびのび暮らせる。

今回もWifeの伯父、伯母の家にお世話になったが
そこの可愛い犬たちと遊んで、心が癒された。

恒例の朝の散歩。f0091495_16403274.jpg

あぁっっ!f0091495_16431573.jpg

Oh Yes. Take your time.
f0091495_16455379.jpg


最近、散歩をすることが多いですが、
やはり犬がいるだけでモチベーションが違う。

僕には犬を飼える日が来るのだろうか・・・。
f0091495_16384998.jpg

[PR]
by yoyoatc | 2007-10-15 16:53 |

ラスベガス砂漠

上陸したと思ったら
あっという間で帰国してしまいました。

最終日にはお腹をやられてダウン。
メキシカン食いすぎたかな?

でも1年ぶりのラスベガス、
さすが砂漠です、ガッツリ乾燥していました。
f0091495_1441187.jpg

気が付くと、口のまわり、ヒザ、ヒジは真っ白。
スネの皮膚はパリパリひび割れ。
しまいには、かかとがあまりの乾燥で割れてしまいました。
ずっとサンダルでいたからでしょうか。
ちょっと痛い。

街は相変わらずで、広がる一方。
数年前に砂漠だった場所には、もう新しい街が出現。
この街、一体どこまで広がっていくんだろうか。

母校であるUNLVにも挨拶に。
キャンパスも、かなり変わっていました。
96年に卒業したわけだから、
もう10年以上が過ぎてるんですよね。
変わるわけです。
f0091495_1456205.jpg


恩師や友人にも久しぶりに会えました。
ラスベガスに残りトレーナーとして働いている
日本人の後輩とも会いましたが、
実は彼の名前、日本の新内閣総理大臣殿と同姓同名。
しかも漢字までも一緒。
ヤス、就任おめでとう!

次はまたいつ行けるかな。
f0091495_1457101.jpg


[PR]
by yoyoatc | 2007-10-11 15:01 |

アメリカ上陸(再)!

アメリカに来ました。
今年2度目の上陸です。
今回はラスベガス!

昨日、成田から御得意のKEでロスへ。
KE?そうKOREAN AIRです。
ロスに行くには、これが一番安いです。
しかも着く時間が朝一。
着いた日も、有効に使えるし乗り換えも楽なので
これか一番のお気に入りです。
f0091495_21434220.jpg


そして、ここで出る機内食の目玉は、
「ビビンバ」。
おいしい訳ではないんだけど、つい食べちゃう。
f0091495_21442623.jpg

チューブタイプのコチュジャンと
ゴマ油をたっぷりかけて、イタダキマス!
ちょっとお腹にもたれるけど、ちゃんと食べちゃうんだよね。
f0091495_21505243.jpg


で、予定通りロスに到着。
ラスベガスへのフライトのトランジットでガマンできず、
「朝メキシカン」。
f0091495_214818100.jpg

朝からやっちゃいました。

先が思いやられます。
[PR]
by yoyoatc | 2007-09-30 21:51 |

Chile 4

チリ料理続編。

これは、チリのもともとの料理ではなくて
中東、いわゆるアラブ系の食事。
こちらではレジェーノもしくはレイェーノ(詰め物)と呼ばれる
各種野菜や羊の腸などに、肉などの入ったかやくゴハンを詰めたものだ。
日本で言う、「イカ飯」といった感じだろうか。
f0091495_10171923.jpg

手間がかかる料理なだけに、これを食べる時は特別なオケージョンが多い。
僕が世話になっている家族では、お祝いはアサード(BBQ)かレジェーノだ。
この料理の日には、どういう訳か呼んでもいない近所の親戚が
臭いをかぎつけて、ここぞとばかりに集まってくる。
他の家族には内緒で、個別にこっそり来るのだが
結局、皆会ってしまう。
で、「ずるいぞ~!お前だけこっそり来やがって~!」と毎回同じ漫才が始まる。
なので、それも想定して大量に作る。
f0091495_10215384.jpg


f0091495_10223279.jpg


f0091495_10232093.jpg

確かにおいしいので、皆が集まる気持は良くわかる。

食ってばかりの5日間だったが、最後はとどめにステーキをご馳走になった。
最近、大変お世話になっている、在チリ日本企業のW様の招待で
向こうに住んでいる当時は、とてもじゃないが手の届かなかった様な高級料理店で
おいしいワインとステーキを頂いた。
ご馳走様でした!
f0091495_1032688.jpg


そんなこんなで、食ってばかりいたら
あっという間にチリ滞在が終わってしまった。

とりあえず、昔の仲間も皆元気で何よりだった。
今回は、友人の娘Pamelaの部屋を借りて寝泊りさせてもらった。
Pamelaは僕がチリに行った98年に生まれて
僕が風呂に入れたり、オムツを替えたりしてあげた子だ。
それがもうすぐ10歳。
今回は快く部屋を貸してくれた。
ありがとうね。
f0091495_10382839.jpg


f0091495_10391266.jpg


今回は久々にチリの冬を体験したが
やはり元々寒いのが苦手なので、辛かった。
次来る時は、暖かい時期にします。
f0091495_10495022.jpg


f0091495_10501754.jpg


[PR]
by yoyoatc | 2007-07-17 10:38 |

Chile 3

チリでは、おいしい物をたくさん食べました。
当時よく食べていたお気に入りのメニューばかりです。

まずは、カスエラ。
これは、かぼちゃ、じゃがいも、などの野菜とお肉のシチューです。
味は、肉から出るダシと塩コショウだけのシンプルな味付けです。
これは、チリでは定番の家庭料理。
日本で言う、「肉じゃが」的存在だろうか。
お袋の味だ。
f0091495_16405983.jpg


次はポロート。
これも、カスエラと並ぶ冬の家庭料理の定番。
庶民の味だ。
豆(=ポロート)のシチューである。
今回食べたのは、ポロートの中でも僕が大好きな
トマトベースに牛肉と骨も一緒に煮込んだ濃厚スープに
ポロートとパスタも入れた、「ポロート コン リエンダ」。
とにかく体が温まる。
f0091495_16492751.jpg

僕の好物なのだが、難点は腹がメチャメチャ張ること。
帰国の飛行機搭乗前に食べると大変なことになる。
「ちょっとは日本に早く着くべぇ~」とチリのオッサン達は
何年経っても同じギャグを言う。
f0091495_16534740.jpg


僕は、これらのシチューなどの付け合せにいつも
「エスカベーチェ」というタマネギや青トウガラシ、人参、ラディッシュなどを
ワインビネガーで漬け込んだ物を一緒に食べる。
お肉料理などにも合います。
f0091495_172318.jpg


あぁ~腹減ってきた。
[PR]
by yoyoatc | 2007-07-10 17:04 |

Chile 2

競馬で始まった今回のチリだが、2日目はいきなり旅に出ることになった。
向かったのはSanta Cruzというチリのワインのメッカの街で、
サンチアゴからは来るまで約3時間。
世話になっている肉屋のオヤジ(カルロスホルへ)の田舎だ。

しかしサンチアゴを出発した途端、なんと雪が。
僕がサンチアゴに3年住んでいる間に、雪は一度しか経験していないのに。
チリでは暖房設備が整っていることが少ないので、
さらに田舎の家となればかなり気合を入れていかなければ。

ようやく家に到着した。
家に入るとサンチアゴ時代に一緒に暮らしていた4匹の犬達が
服を引きちぎらんばかりの勢いで歓迎をしてくれた。
どうやら覚えてくれているようだ。
小さくてやせ細っていた犬達も、田舎に来て丸々太って元気一杯。
やはり犬にとっても都会暮らしはストレスだったのだろう。
f0091495_7414684.jpg


到着するとどこからともなく近所の仲間が集まってきた。
今日は、待ちに待ったAsado(アサード)。 そうBBQ。
赤ワインと肉をひたすら食べ続ける。 
この国というかラテンアメリカの文化の一つと言ってもいいだろう。
屋根はあったが雪の降るなか、外で飲んで喋って食べ続けた。f0091495_7425865.jpg

f0091495_7432555.jpg


f0091495_7435582.jpg


夜は久々に犬達と一緒に寝ました。
暖かかったぁ。
f0091495_744325.jpg


翌朝は早くから、近所の親戚のオバちゃんが来て
手作りパンとマテ茶を作ってくれた。
f0091495_745295.jpg


f0091495_7453124.jpg


雪も止み、天気は快晴。
きれいに雪化粧されたアンデス山脈を見ながら、再びサンチアゴに戻りました。
f0091495_7461014.jpg

[PR]
by yoyoatc | 2007-07-02 07:47 |