YOYOの勝手に書き書きブログ


by yoyoatc

<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フットサル

本日、僕がクラスを持つサッカーコーチ養成コースで
一学期の締めくくりのフットサル大会が行われました。
スタッフ、講師陣が2チーム、生徒が5チームで大会が行われました。

本日はよりによって真夏日。
人工芝の照り返しで、かなりの炎天下で行われました。
予選リーグから決勝トーナメントとW杯さながらに試合が組まれ、
結局僕のチームは予選2位通過、シードももらい決勝トーナメントへ。
よっしゃー、と思ったがすでに予選リーグで体力消耗。枯渇状態。
その後まったく足が動かなくなり、まさに日本代表状態に。
世間では日本代表に批判中傷の声が色々聞こえてくるが
走れないもんは走れない!気持とかじゃない!
動けないものは動けないんだよ!と自分に言い訳。
もうすでに足ガクガク状態に。
f0091495_19175758.jpg


結局、体力の消耗から決勝トーナメント準決勝でPKの末敗退。
あまりの悔しさから、グランドの中央で中田英寿状態で天を仰ぎ涙・・・、


と思いきや、優勝チームのトロフィーを勝手に拝借。
すっかり優勝気分に。
周りの冷たい視線を浴びながら、一足お先に、ワールドカップにブチュ!
f0091495_19245836.jpg


失礼いたしました!
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-28 19:29 | サッカー

地元サッカー

本日久し振りに時間が空いたので、地元の小中学校サッカー部のOB会で
サッカーをしてきました。
約2年振りのフルコートのサッカーで、動けるかどうか不安一杯で行って来ました。
交代要員でということが前提で参加したはずが、行ってみるとスタメン。
左サイドバック。
相手は一回り以上も年齢の違う現役バリバリ大学生主体のチーム。
こっちはオーバー30主体のオッサンチーム。
もう試合前から憂鬱な気分。
怪我をしないことだけを祈った。

試合は予想通り押されっぱなし。
だが、ベテランならではのズルい(汚い)プレーと口数で勝負。
これが結構有効に作用。
結局1-1の同点で終了。
って気がつけば、交代なしジャン!約束が違うよ。
PK戦は蹴る力も残っておらず、負け。トーナメント敗退。

敗退といえば、メキシコも敗退してしまった。
アルゼンチン好きの僕は、どの大会も優勝候補1番はアルゼンチン。
でも今回自分の会社での賭けで一人勝ちを狙い、次に好きなメキシコに。
皮肉にも今回の決勝トーナメント一回戦は両者がぶつかることに。
また朝4時起きで観戦。
やっぱりアルゼンチン、いい!
得点取るとベンチにいるスタッフが全員、監督のところに集まり皆で円陣ハグ。
延長に入るときも、ベテランで途中交代させられたクレスポが
皆に声を掛け鼓舞。選手達もまとまっている様子が窺がえた。
これなら強いはず。
結果は延長でギリギリアルゼンチンが勝ったが、内容ではメキシコの完敗だ。

決勝トーナメント一回戦で僕の会社での賭けは、早くも終わってしまった。
ついでに久々のサッカーも敗退。
身も心もボロボロで家路についた。
f0091495_1345922.jpg


帰宅後、危篤状態に。
f0091495_1381342.jpg



[PR]
by yoyoatc | 2006-06-26 13:09 | サッカー

Copa Mundial

W杯、終わっちゃいました。
寒~い。
これが現在出せる実力なんでしょうね。
辛いけど、現実を受け止めましょう。

朝4時、ゴソゴソ音がするので目を覚ますと、
何とサッカーに普段まったく興味の無いwifeが起きて、観戦体制に。
取り合えず目を覚ましてしまったので、僕も起きて見ることに。
前半は点も入ったりで、サッカーを知らないwifeも
キャーキャー言ったり「もっと動け!」とか勝手な指示を出しながらエキサイト。

しかしそのwifeも後半からは、コーヒー入れて雑誌を読み出す始末。
何か今回の日本の戦い振りを象徴してるなぁと、痛感。
見てて、面白くない。エキサイトしてこない。
全然戦う感じがないから、見てるこっちもしらけてくる。
これじゃ勝てるワケがない。

試合後、中田ヒデがグランドに倒れこんだままず~っと起き上がれずにいたけど、
選手、コーチ、監督、キャプテン誰一人起こしに行かなかったのが印象的だった。
マネージャーみたいな人と、トレーナーが少しの間いたぐらい。
やはりチームで浮いていたんだろうか。

この前も書いたけど、技術、戦術の問題ではなくて
チームが出来てなかったんじゃないかな。
これはジーコの責任もかなりあるでしょう。
その点ヒディングは見事。

中田ヒデは自分のサッカー選手としてのピーク時に結果が出せなかった、
しかも技術、戦術、体力でなく、違うところが原因で負けた。
その理由を大会前から解っていただけに、悔しかったんだろう。
試合中も彼が一番頑張ったと思うし、一番チャレンジしていたと思う。
ただ一つ、まったく戦おうとしない、というか戦えない他のチームメートに対して
「何で出来ねぇんだよ」、「お前ぇら、甘ぇんだよ」と、実際こんな口調かどうかは
定かではないが、批判的に捕らえていた、というか上から物を見ているように
見受けられたのが、寂しい。
彼の気持もわからなくも無いが、実際わかっていない選手に対して
いかに理解させるかは、違ったアプローチが必要だっただろう。
まぁ実際、大会に入ってからじゃ遅すぎるのだが。

W杯はまったく違う大会なんだというのを、多くの初出場の選手は学んだと思う。
今後の日本のサッカー界ことを考えても、若手の選手を
まったく連れて行かなかったことは、今後大きな代償となって降りかかってくるだろう。
今回のジーコと協会の罪は予想以上にデカイ。
アルゼンチンやスペインをはじめ各国、若い良い選手が続々登場してきている。
試合に出なかったとしても、若い選手は絶対連れて行くべきだったし、
もし連れて行ったら、彼らの経験というだけではなく
俊輔や高原も、もうちょっと大人のプレーが出来たかもしれない。

なぁ~んて、もうすっかり気分はNumberのライター気分。
勝っても負けても、これだけ人を熱くさせるんだから大したもんだよ、スポーツは。
思わず語っちゃったよホントに。
しかし朝早くから頑張り過ぎた。
さ、仕事仕事。
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-23 07:50 | サッカー

NATA 3

コンベンション最終日。
最後の力を振り絞り、朝から授業へ。
膝の軟骨傷害についての授業だったか、何か落ち着かない。
そう、今日は日本vsクロアチア。
真新しい情報も特に無さそうなので、というかもういてもたってもいられず
途中で外へ。隣のホテルのラウンジに特等席を発見。前半30分過ぎより観戦。
f0091495_1921523.jpg


しかし次の授業も控えており、あとワンプレー、あともうワンプレーと
粘りに粘ったが、結局後半20分あたりで、後ろ髪をごっそりラウンジに
残したまま、再び授業へ。

次の授業は脳震盪についてだ。
脳震盪の選手に対して行う検査方法など色々興味深い内容だ。
授業の途中で先生が、「誰か前に出てきて脳震盪の検査
受けてくれないか?」と。
思わず、先生と目線を外しうつむいてしまったが、横を見ると
一緒に授業を受けていたai君が天井に向けて手をピ~ンと挙げてるではないか。
すごい!何て積極的なんだ!
結局アメリカ人でも手を挙げる人はおらず、ai君がやることに。
ゆっくりと落ち着いた足取りで、堂々と会場の前方に歩いていくai君。
思わず僕は、
「頑張れ、日本男児の意地を見せつけてやるんだ!頼んだぞ!」
と心の中でそう叫んだ。

「それじゃぁ、目を閉じて腰に手を当てて、両足を揃えて立ってくれるかな?」
と先生が。 aiは含み笑いで「OK」。
うぁ~凄い!全然物怖じしてない!ウインクでも飛び出しそうな勢いだ。
「いいそ!その調子だ。負けんな!」思わずこぶしを握り締めた。

しかし次の瞬間悲劇は起こった。


f0091495_19391375.jpg


「オォォ、マイ ガッッ!!」
目を閉じ腰に手を当てたai君は、産まれたての子鹿の様にヨロヨロ。
まったく立てていないじゃないか!
時々横の先生に支えられちゃったりなんかされてるし。
「ai、目を覚ますんだ!」
しかしそんな心の叫びも届かなかった。
僕は完全に全身の力が脱けてしてしまい放心状態に。
「あれじゃぁ脳震盪のグレード3、重症じゃないかぁ・・・」

授業の最後には、わざわざai君のところに
「グッ、ジョブ!」と声を掛けに来た人がいたが、傷口に塩をすり込まれる思いだった。
僕とai君は葬式帰りの様な足取りで、会場を後にした。
その直後に日本戦の結果を知ることに。

もし僕がai君より一瞬でも早く手を挙げていたなら、
日本はクロアチアに勝っていたかもしれない・・・。
そんな意味不明な自己嫌悪に陥りながら、
僕らの2006 NATA Annual Conventionは幕を閉じた。
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-19 19:58 | アスレティックトレーナー

NATA 2

今日も眠気と戦いながら、授業を受けてます。
エキジビジョンホールもオープンし、コンベンションも盛り上がって
きました。
f0091495_6472974.jpgf0091495_6474691.jpg


エキジビジョンにはアスレティックトレーナー関係のメーカー数百社が
ブースを出し、僕らはカタログやらサンプルやらを山ほど渡されます。
一日終わると、飯食いながら寝てしまうぐらいクタクタです。

コンベンションが行われている場所は、アトランタオリンピックの時
セントラルパークみたいな感じで中心になっていた場所のようで
広い公園があり、毎日子供達で溢れてます。
f0091495_656331.jpg


アトランタはやっぱりみんなアフロな感じです。
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-18 07:10 | アスレティックトレーナー

NATA

アトランタです。
NATAという全米アスレティックトレーナー協会のコンベンションに来てます。
今日も朝7時から夕方6時まで、殆ど休み無くセミナーを受け続けてます。
規模も毎年大きくなっているようで、会場をかなり大規模です。
講義によってはコンサート会場と言ってもおかしくないぐらいの大きさの所で
行われ、とにかく人で溢れてます。
f0091495_1573526.jpg


風邪の調子は、日本から合流したNice Guys(Gays?)達に薬を持ってきてもらい
回復に向かってます。
f0091495_154418.jpg


ここアトランタはテレビのCNNの本拠地(?)とコカコーラの発祥の地(?)のようです。
ちょっと定かではないので、確認しときます。

明日も早いので、寝ます。
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-16 15:12 | アスレティックトレーナー

PHATS

日本代表、見事に負けました。
やはりこれが本当の実力でしょうか。
たまにレベルの高い試合をすることはあるけど
それをなかなかコンスタントにキープ出来ないんですね。
テストでたまに100点取って、後のテストが平均点以下よりも
常に70~80点を取れる方が良いのは当たり前。
模擬試験は良くても、本番の受験で点が取れなければダメ
なのと一緒だと思う。
僕もアイスホッケーなどで世界選手権、オリンピックを経験させてもらっていますが
本番の試験では、実力以外の何かプラスアルファが必ず必要になってきます。
チームの団結力だったり、監督やキャプテンの強烈なリーダーシップだったり
何かが必要なんです。
オーストラリアのヒディング監督はそんな力を持った監督なんだと思います。
どこかの雑誌に「男が惚れる男」、みたいな事が書かれてました。
2002年のW杯でも、彼の指揮した韓国が試合に勝った時、
ベンチいた韓国人スタッフ達がこぞってヒディングに飛びついて抱き合っていたのが
僕にとってはとても印象的でした。
日本はオーストラリアにW杯以外で5試合戦ったら、3回から4回は
勝つかもしれないけど、ヒディングのいるW杯ではそうは行かなかったんですねぇ。
勝負はそんなに甘くないんですね。
残り2試合、何かプラスアルファが日本に働くことを期待しましょう。

って、言いながら現在PHATSというアイスホッケーのトレーナーと
用具マネージャーが集まるコンベンションに参加しているため
試合は途中途中しか見れてません。
朝から夕方まで、セミナーがあったり、エキジビションで色々な
業者のブースを見て回ったりと結構忙しいです。
こっちの建物は必要以上に強烈な冷房がかかっていて
そこに1日中いなきゃいけないのもあり、今は喉をやられかなりダウン気味です。
f0091495_22552656.jpgf0091495_2257643.jpg


朝8時から夕方5時過ぎまで冷蔵庫の中で勉強した後は
ビーチに出てハナタレ状態で解凍作業。 
f0091495_2304687.jpg


この後はアトランタに移動で、もう一つのコンベンションに出てきます。
ハナタレ、ノド痛、早く治ってくれ!
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-14 23:03 | アスレティックトレーナー

Florida

こちらは、今フロリダです。
かなり蒸し暑いです。しかも今年初めてのハリケーン「Alberto」が
メキシコ湾で発生。
去年、メキシコに行った時もハリケーンが来ていました。
僕は「嵐」ではなく「ハリケーンを呼ぶ男」でしょうか。
やだなぁ。

今回最初に泊まったホテルは、たまたまサッカーで有名なホテルで
アメリカ代表、中南米の代表、プロチームが合宿で良く使う所です。
ホテルの敷地内に立派なサッカー場があり、すばらしいです。
ホテルの人たちも、アメリカには珍しく皆サッカー好きで
今はワールドカップで盛り上がってます。

f0091495_21591673.jpgf0091495_2159481.jpg


芝生では亀(すっぽん?)を発見。かなり変な顔。
自然を感じてます。
f0091495_2224513.jpg


おっ、イカン!
日本対オーストラリアが始まってしまったぁ!
見ます。

では。
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-12 22:03 |

アメリカ上陸!

本日無事にアメリカに上陸しました。
フロリダであるNHLなどのアイスホッケーのコンベンションと
NATAという僕らがアメリカで取ってきたアスレティックトレーナーの団体の
コンベンションがアトランタであるため来ました。
取り合えず、寝ます。
明日からまた現地の様子をお届けできるかと思います。
では、グッナイ!
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-10 13:48 | アスレティックトレーナー

仙台

先日、仙台に行ってきました。
僕の見ている高校のサッカー部がインター杯予選決勝で
呼ばれて仙台に行ってきました。

本当はその試合の模様を載せようと思ったのですが、
あまりに悔しい負け方で写真を撮る余裕もありませんでした。
0-0で迎えた延長戦後半、しかも試合終了間近
うちのキーパーと接触した相手選手がダイブ。
明らかにシミュレーションで、審判も笛を吹いたが
何と判定はPK。それを決められ0-1で無念の敗退。
後味悪いけど、まぁ、試合なんてこんなもんです。
冬の選手権でリベンジです。

僕のシナリオ的には、優勝を決めたチーム写真を
載せる予定だったのですが・・・。
今回は、仙台駅構内にある僕が出張の帰りによく立ち寄る
「牛たん通り」を紹介します。
f0091495_2151724.jpg


新幹線改札の横にあって、電車に乗る前のちょっとした時間に
飯を食べる場所として愛用してます。
前は「伊達の牛たん」という店一軒だったのですが
今や6,7店舗入って、賑やかになってきました。
牛タンだけでなく、立ち食いスシなど日本海の海の幸を
いただけちゃいます。
でも「通り」は大げさでしょ。 「横丁」かそれ以下の規模なので
今後も拡大する予定なのでしょうか。 ちなみにどん詰まりはトイレです。

で、今日はスタンダードに牛タン定食。塩。
たまにみそ味とのミックスも食べるのですが
今回は久々だったので、ベーシックにいきました。
どこに行っても、定食と言えばこんな感じ。
麦ご飯、テールスープ、おしんこ、青唐辛子の味噌漬け
これに炭焼き牛タン。
美味しかったぁ。
気分はもう阿藤快。 「ナンダかなぁ」。
f0091495_2253555.jpg


これでおなか一杯、新幹線はぐっすりでした。
みなさんも仙台に行って新幹線の時間までちょっと余裕のある方は
立ち寄ってみても、いいかもです。
[PR]
by yoyoatc | 2006-06-06 22:14 | サッカー