YOYOの勝手に書き書きブログ


by yoyoatc

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おしまい

先週末からアジアリーグが開幕し

アイスホッケーもこれから盛り上がっていこうというところですが、

それとは逆に、もうすぐ終わるものもあります。

野球?

NoNoNoNoNoNoNo.

ビアガーデンです!

ということで先日、神宮外苑の「森のビアガーデン」に行って参りました。

今シーズンもこの週末で終わりとか。

みなさんも駆け込みで、是非夏の最後を満喫してください。

f0091495_134480.jpg

[PR]
by yoyoatc | 2010-09-24 01:39 | 日常
大会終了しました。

結果はなんと、優勝!

決勝となった対王子戦は、予想通り厳しい試合に。

アンラッキーな失点も重なり、2ピり終了時点で0-4。

圧倒的にやられていました。



肉体的&精神的な疲労で、かなり落ち込んでいましたが

3ピり前のミーティングで切り替えました。

総得点での順位決定なので、試合に負けたとしても

0-4を2-4で終わらせられれば、優勝の可能性が残っていることを

監督が選手に告げました。

まったく違う試合の気持ちで一からやり直して

このピリオドを2-0で勝とうと。



結局、最後はGKを上げ6人攻撃で得点。

ゲームプラン通り2-0で終え、見事優勝。



きれいな形での得点ではありませんでしたが、

ゴールはゴール。

試合には負けはしましたが、

選手にとってはとても意味のある試合になったと思います。



ゲームプランをしっかり立て、それをチームで遂行するという

非常にシンプルに思えるプロセスですが、

この大切さを改めて痛感させられました。



今後はこの若い年代をいかに勢いを持続させて成長させられるかが鍵。

それには普段プレーしているリーグなどのレベルアップ、個人の日頃のトレーニングなどに

かかってきます。



アジアリーグはレギュラーシーズン36試合。

海外のプロリーグは年間80試合程度。

昨シーズンNHLを制した、シカゴのチームで

バンクーバーオリンピックに出場した選手は、

1年間で何と110試合以上戦いました!



世界では、選手層が厚くハイレベルな試合を

日本の倍以上こなしている選手たちと戦わなければなりません。

いきなり差を縮めるのは難しいですが、しっかり目標&プランを立て

一歩一歩ですが進んでいくしかないですね。



今シーズン代表は国際大会が多いので、良い結果が出せるよう

頑張りたいと思います。

f0091495_935479.jpg

[PR]
by yoyoatc | 2010-09-06 09:04 | アイスホッケー
ALジャパンカップ2010が始まりましたが

ヤングジャパン、予想外(?)で2連勝です。

初戦のフリーブレイズ戦は5-2で勝利。

そして昨日行われたクレインズ戦は6-2で連勝。

若さと勢いで勝っちゃった感じです。



まだまだ荒削りですが、いいものを持った

将来楽しみな選手がたくさんいます。



対戦したチームも、シーズン前の調整で主力を温存したり、

色々な選手やセットを試したりしている中での対戦なので、

本来の実力よりレベルは落ちますが、

アジアリーグのチーム相手に結果を残せたのは収穫です。



その反面、若手の勝利ももちろん嬉しいのですが

調整中とは言え、もうちょっとアジアリーグチームには

ガンバってもらいたかった気もします。

大学生などには特に、選手として一番伸びる時期なので

所属チームに戻っても、危機感を持ち続けて上を目指してもらいたいので、

レベルの違いを思い知らせてもらいたかったです。



厳しい状況になればなるほど

その選手のキャパシティーやリーダーシップ、

メンタルタフネスなど本当に持っているものが出てくるので

スタッフとしてはそれを見たいというのが本音です。



まあ、ここまできたらせっかくなので

王子を倒してタイトルを狙いたいと思います。

f0091495_1182339.jpg

[PR]
by yoyoatc | 2010-09-05 11:23 | アイスホッケー

Hockey Season

アイスホッケーのシーズン到来です!



先週は、フリーブレイズ 対 日光バックスの

プレシーズンマッチを観に八戸に行ってきました。

そして今は、本日から始まるプレシーズントーナメントのために

苫小牧に来ています。



今回のトーナメントは、

U-24日本代表、日本製紙クレインズ、東北フリーブレイズ、王子製紙の

4チームで行われます。

U-24代表は大学生やアジアリーグ1~2年目の選手を中心に構成され

今後の代表候補選手の育成のための強化キャンプ兼ねてます。



特に大学生のTOP選手は普段、自分たちより格上のチームと対戦することが少なく

世界と戦う時のギャップがなかなか埋められないという問題があります。

今回は、アジアリーグのチームを相手に戦えるということで

選手&チーム強化には格好の場になること間違いなしです。

スタッフにとっては今後上のレベルで戦える選手や

若手年代の将来のリーダーを発掘する格好のチャンスになります。

選手にとっても、自分を試したり、アピールする格好の場になるはずです。



どんな試合になるか楽しみです。

f0091495_1030453.jpg

[PR]
by yoyoatc | 2010-09-03 10:31 | アイスホッケー